メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

39 キリンソウ新品種 四季彩4濃緑色 ⑤早春の生長

キリンソウ新品種の世界 Phedimus takesimensis( Nakai) New variety

四季彩キリンソウ SIKISAI Kirinsou

四季彩4(種苗登録申請No34723号)

Sikisai 4   Seedling registration application No34723

 

四季彩4は濃緑色 常緑性の強健なキリンソウです。耐候性の高い太い茎を持ち直立で最大50cmの高さで日陰を作り地面や屋上を冷やすセダムに代わる持続可能な耐候性緑化品種です

Shikisai 4 is a dark green evergreen Phedimus . It is a sustainable, weather-tolerant greening alternative to sedum with thick, weather-resistant, upright stems that provide shade up to 50 cm high and cool grounds and rooftops.

 

第5回 5nd time

早春の生長 early spring growth

四季彩4は常緑性種で新芽の生長がより前年秋に開始します。

Shikisai No. 4 is an evergreen plant, and sprouts begin to grow in the fall of the previous year.

 

10月27日

October 27th

来年春に成長する新芽が成長開始

Sprouts that will grow next spring start to grow

 

新芽が成長開始

 

 

12月19日

December 19th

氷点下10度でも枯死しない

Will not die even at minus 10 degrees

氷点下10度でも枯死しない

 

3月21日

草丈8cm付近まで成長

Grows up to around 8 cm tall

草丈8cm付近まで成長

 

キリンソウは落葉性宿根草で春から新芽が成長するが、タケシマキリンソウは冬至芽(越冬する新芽)が秋に成長した状態で休眠し春に成長する落葉性宿根草です。

Phedimus aizoons is a deciduous perennial plant that sprouts grow from spring, but Phedimus takesimensis( Nakai)

is a deciduous perennial plant whose winter solstice buds (overwintering sprouts) grow dormant in autumn and grow in spring.

 

そのため、冬季の外観が落葉と成長休眠状態の新芽が混在し緑葉が見える事から、愛好家の間では「常緑キリンソウ」と呼ばれ、今日「常緑性」「常緑」の名称がタケシマキリンソウ種およびその変異種の呼称として使われています。

For this reason, the appearance in winter is a mixture of deciduous and dormant sprouts, and green leaves can be seen, so it is called “evergreen Phedimus ” among enthusiasts.

 

冬至芽(越冬する新芽)が秋に成長した状態で休眠し、春に成長程度は改良種間で大きく異なり多様な形態となっています。

Winter solstice buds (sprouts that overwinter) go dormant in autumn, and the degree of growth in spring varies greatly among improved species.

 

1 冬至芽(越冬する新芽)は少し成長した芽の状態で越冬し、早生種として2月頃から成長を開始するタイプ

2 冬至芽(越冬する新芽)が秋に直径2cm程度成長した状態で休眠し早春に成長するタイプ

3 冬至芽(越冬する新芽)が秋に直径4cm程度に大きく葉が成長、草丈はあまり伸びない状態で休眠し早春に成長するタイプ

1. Winter solstice buds (sprouts that overwinter) overwinter in the state of slightly grown buds, and start growing from around February as an early maturing species.

2 A type in which winter solstice buds (sprouts that overwinter) grow to about 2 cm in diameter in autumn and then go dormant and grow in early spring

3. A type in which winter solstice buds (sprouts that overwinter) grow to a diameter of about 4 cm in autumn, dormant in a state where the height does not grow much, and grow in early spring.

新芽の耐寒性

 

 

新芽の耐寒性

Cold resistance of shoots

冬至芽(越冬する新芽)の秋成長の程度は直径4cm程度が現在の改良限界となっている。

タケシマキリンソウの冬至芽は大きくなっても耐寒性に変化なく越冬する。

The current improvement limit for winter solstice buds (overwintering buds) is about 4 cm in diameter.

Even if the winter solstice buds of Phedimus takesimensis( Nakai) grow large, they survive the winter without any change in cold resistance.

 

次は

四季彩4は ⑥茎の生長

を解説します

next time

Shikisai 4 explains ⑥ the growth of stems

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

Ritsumasa Yamashita Guest  Researcher, General Research Institute, Tokyo City University

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jpで連絡ください。

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp.

東京都市大学39

 

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。