屋上緑化システム株式会社が選ばれる7つの理由

おかげさまで納入面積28万m2を突破いたしました!
屋上緑化システムではお引渡し後3年間の枯れ保証、初年度は無料自主点検を行っています。数多くのメンテナンスでの経験を活かし、より良い商品作りに反映しています。その結果、無灌水でも緑化を維持可能な緑化システム開発に至りました。
「納入現場は全て私たちの展示場!」という気持ちで、いつ現場を見ていただいてもご満足いただける屋上緑化を手掛け、製品作りから施工、メンテナンスまで精魂込めて取り組んでいます。
「まじめに誠実に!」をモットーに、高品質・低価格・省メンテの屋上緑化システムを、これからも皆様にご提供させていただきます。
平成29年11月

屋上緑化システム株式会社が選ばれる7つの理由!

1.栽培からメンテナンスまで安心の自社一貫体制

屋上緑化システム株式会社
独自のサイクルを確立!
栽培から施工そしてメンテナンスまでの工程を自社一貫体制で行います。 この工程を常に繰り返して検証し、その成果を製品の向上に反映します。

イメージ

検証→反映の屋上緑化システム株式会社
独自のサイクル
● 市場ニーズに合わせ屋上緑化のご提案
● 自社一貫体制により高品質・低価格を実現
● 数千件以上のメンテナンス経験を生かしクレームにも迅速に対応

2.灌水設備は不要

専用培土の開発
多孔質の無機土壌改良材と有機質系土壌改良材を混合させた独自開発の培土により、相反する排水性・保水性双方の高い性能を可能にしました。
厳しい環境に耐える植物の採用
屋上緑化の厳しい環境に耐えるタケシマキリンソウ(常緑)とセダムの中でも特に乾燥等環境耐性に優れたシロバナタイトゴメを採用しています。植物の選定に加え、馴化栽培を実施しています。

※馴化栽培とは 屋上の過酷な環境に馴す様露地で自然に近い状態で厳しく植物を育成栽培する事、それにより植物は屋上の厳しい環境にも耐えられます。

イメージ

シロバナタイトゴメ
乾燥に強い多肉植物のセダム
セダムとはサボテンと同じ多肉植物で、ベンケイソウ科に分類されます。乾燥、高低温、塩害、アルカリ性に強く丈夫です。その丈夫さは荒地で自生することもある程で、屋上での厳しい生育環境に適した植物です。弊社が採用しているシロバナタイトゴメは、セダム類の中でも特に環境耐性にすぐれた多年草植物です。暖かい季節は緑、寒くなると葉が赤くなり、花も咲かせます。年間を通して楽しむことができる植物です。

イメージ

タケシマキリンソウ(常緑)
1年を通じ常緑
1919年東京大学の中井教授により、その存在が確認されたタケシマキリンソウを採用しています。
タケシマキリンソウ(常緑)は、高低温・乾燥・多湿等の厳しい環境にも耐える屋上緑化に最適な植物です。特に寒さには強く霜の厳しい地域でも生育が可能です。
タケシマキリンソウ(常緑)

3.三年間の枯れ保証 初年度は無料自主点検つき

自社一貫体制だからこそできる保証内容
引渡し後3年間の枯れ保証に加えて初年度の無料自主点検を行っています。
屋上緑化システム株式会社ではトレー式薄層緑化を専業とした企業として商品開発に深く携わり、植物の選定から、適切な土壌作り、生産地での栽培方法を、長年にわたり研究と研鑽を重ねて品質向上に役立てています。
(商品や納品場所によっては無料自主点検をご提供できない場合があります)

イメージ

賠償責任保険に加入
作業中及び納入後1年間の保証期間内で、万一事故が発生した時のために賠償責任保険に加入しています。お引渡し後3年間の枯れ保証もついており、お客様の屋上緑化導入リスクを減らします。

4.金属屋根化に圧倒的な強み

屋上緑化システム株式会社は特に省エネ効果が期待できる金属屋根に着目していました。 弊社のトレーは、折板屋根で一番よく使われる500mmピッチのハゼタイプにあうように作られています。その為、コストを大幅に低減することが可能となりました。
上部金物はメンテナンス歩廊も兼用しており、屋上面を有効に活用することが出来ます。
どのような金属屋根にも対応もちろん500mm以外のハゼタイプ、嵌合式やボルト式の金属屋根にも対応可能です。

5.省メンテナンスだから維持費が大幅に低減

使用する植物を厳選
弊社で使用している植物は、シロバナタイトゴメとタケシマキリンソウ(常緑)です。どちらも耐暑・乾燥等環境耐性に優れた植物で、水やりなどの日常管理手間が少なくメンテナンスコスト低減に繋がります。しかも弊社オリジナルの専用培土は保水・排水性に優れ緑化が長く維持できます。

※緑化を良好な状態に維持するためには、植物の状態に応じた最低限のメンテナンスが必要です。

6.高耐風圧力

高耐風圧力仕様(陸屋根)は、風速46m/s対応
建築基準法では、屋根ふき材、外装材及び屋外に面する帳壁が、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって風圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対して構造耐力上安全であることを確かめること、とされています。屋上緑化システム株式会社の陸屋根高耐風圧力仕様は、この基準に則った方法で風速46m/sに対応しています。

※1.建築基準法第82条の5 平成12年建設省(現国土交通省)告示第1458号に基づく。
※2.風圧力は、高さ、場所、地形により異なります。案件毎にご提案いたします。
トレー式イメージ

7.数多くの実績と経験

「てまいらず」をはじめトレー式屋上緑化システムは数多くのクライアントよりリピート注文を多くいただき屋上緑化納入面積が28万㎡を超えました。
(平成29年11月現在屋上緑化累計件数1218件、納入面積288,000.1㎡)

イメージ

お役立ち資料ダウンロード

お問合せ・カタログ請求

ページの先頭へ戻る