メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

46 キリンソウ新品種 四季彩1レタスグリーン色 第6回 早春の生長

キリンソウ新品種の世界 Phedimus takesimensis( Nakai) New variety

四季彩キリンソウ SIKISAI Kirinsou

四季彩1(種苗登録No28690号)

Shikisai 1 (Sikisai 1   plant patent28690)

 

四季彩1は明黄緑色の早生キリンソウです。

開張型から数年後にカーペット状に広がります。

セダムに代わる持続可能な明黄緑色耐候性緑化品種です。

Shikisai 1 is a bright yellow-green early-growing Phedimus. After a few years from the open type, it spreads like a carpet. A sustainable pale yellow-green, weather-tolerant greening variety that replaces sedum.

明黄緑色の早生キリンソウ

 

 

 

早春の生長 early spring growth

四季彩1は早生品種で新芽の生長がより在来キリンソウより早く開始します。

12月18日

December 18th

Shikisai No. 1 is an early-maturing variety that begins to grow sprouts earlier than the nativePhedimus aizoon .

早春の生長

 

1月23日

January 23rd

新芽が成長を始める

sprouts begin to grow

新芽が成長を始める

 

 

 

2月18日

February 18th

降雪が有っても新芽は凍結枯死しない

New shoots do not freeze and die even if there is snowfall

降雪が有っても新芽は凍結枯死しない

 

 

 

成育株での四季彩1とタケシマキリンソウとの新芽成長比較

Comparison of sprout growth of Shikisai 1, Takeshima giraffe and Phedimus aizoon in growth strains

 

四季彩1

2023年2月10日 岡山県

Shikisai 1

February 10, 2023 Okayama

2023年2月10日 岡山県 四季彩1

 

タケシマキリンソウ

2023年2月10日 岡山県

Phedimus takesimensis

February 10, 2023 Okayama Prefecture

2023年2月10日 岡山県 タケシマキリンソウ

 

 

 

キリンソウ(Phedimus aizoon

2023年1月11日 岡山県

Phedimus aizoon

January 11, 2023 Okayama Prefecture

2023年1月11日 岡山県 キリンソウ

 

 

キリンソウの冬至芽の発芽は、タケシマキリンソウでは秋に成長を始め2~3cm成長した時点で冬季を迎えそれまでに成長した成育茎は枯損します。

タケシマキリンソウ種では地際の茎が枯損せず木質化状に残り、春に新芽を付ける事が出来ます。

一方キリンソウ種は成長枝の全が枯損し、株元に新芽(芽の状態)を形成して翌春を待ちます。

四季彩1は両者の中間的な越冬方法をします。

越冬芽は2mm程度に成長しますがどちらかと言えば芽に近い状態で越冬します。

この事から早生種と表記しています。

早春の感受性はタケシマキリンソウと同じく2月頃より成長を始め、初春の降雪時期にはサラダグリーンの新芽を見る事ができる成長旺盛な品種です。

The germination of the winter solstice buds of Phedimus  grows in autumn in Phedimus takesimensis February 10, 2023 Okayama Prefecture, and when it grows 2 to 3 cm, the growing stems that have grown up to that point die off in winter.

In the case of the Phedimus takesimensis  species, the stems at the ground level remain woody without dying, and new shoots can be formed in the spring.

On the other hand, Phedimus aizoon seeds have all of the growing branches withered, and new shoots (bud state) are formed at the base of the plant and wait for the next spring.

Shikisai 1 uses an intermediate wintering method between the two.

The overwintering buds of Shikisai 1 grow to about 2 mm, but if anything, they overwinter in a state close to the buds.

For this reason, it is referred to as an early-maturing variety.

The early spring sensitivity is the same as Takeshima Kirinsou, and it starts growing around February, and it is a vigorous growing variety that can see salad green sprouts during the snowfall in early spring.

 

次回は

四季彩1 

茎の生長を紹介します。

next time

Shikisai 1  stem growth

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp.

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。