メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

45 キリンソウ新品種 四季彩1レタスグリーン色 第5回 根の生育

キリンソウ新品種の世界 Phedimus takesimensis( Nakai) New variety

四季彩キリンソウ SIKISAI Kirinsou

四季彩1(種苗登録No28690号)

Shikisai 1 (Sikisai 1   plant patent28690)

 

四季彩1は明黄緑色の早生キリンソウです。

開張型から数年後にカーペット状に広がります。

セダムに代わる持続可能な明黄緑色耐候性緑化品種です。

Shikisai 1 is a bright yellow-green early-growing Phedimus. After a few years from the open type, it spreads like a carpet. A sustainable pale yellow-green, weather-tolerant greening variety that replaces sedum.

引き立つ萌色 四季彩1

 

 

生命の根源 根の生育

タケシマキリンソウの根については、”化学突然変異育種 実験講座”7 根の変異2:タケシマキリンソウの自然種と突然変異種の違いで解説した

タケシマキリンソウは海岸部の岩場や岩のくぼ地、道路側面の土溜まりの土壌層数センチの場所が多い、このような場所で生育するのに最大の問題は水分の確保である。キリンソウは機構的にCAM構造で水分保持に対応しているが、強風に耐える根の役割は重要である。

Origin of life Root growth

The roots of Takeshima giraffe were explained in the “Experimental lecture on chemical mutation breeding” 7 Root mutation 2: Differences between natural and mutant varieties of Phedimus takesimensis

 

Kirin Takeshima often grows in places with a few centimeters of soil, such as rocky areas along the coast, hollows in rocks, and puddles on the sides of roads. Phedimus have a CAM structure to retain water, but the role of roots to withstand strong winds is important.

 

四季彩1の原種 タケシマキリンソウは岩場で生育していた。砕石土の悪環境では、砕石をよけながら伸長するため太く5mm以上になり、地表から30cm範囲に数センチ深さで広がり地面にしっかり根付く性質がある。屋上緑化では緑化トレイに軽い土を入れて栽培する、土壌が少なく軽量土は保水力低いため根は水分を求めて排水口から根が出る。このため屋上緑化ではトレーより出た根が防水層の割れ目から躯体内侵入を防ぐため耐根シートの上に緑化トレーの設置が必須である

The original species of Shikisai 1, Phedimus takesimensis , was growing on rocky ground. In a bad environment of crushed stone soil, it expands while avoiding crushed stones, so it grows to be 5 mm or more thick, spreads to a depth of several centimeters in a range of 30 cm from the ground surface, and has the property of firmly rooting in the ground. In rooftop greening, light soil is put in a greening tray and cultivated. Since the soil is small and the light soil has a low water retention capacity, the roots seek moisture and grow out of the drainage port. For this reason, in rooftop greening, it is essential to install a greening tray on top of the root-resistant sheet to prevent the roots from the tray from entering the building through cracks in the waterproof layer.

 

写真はタケシマキリンソウ  The picture is Phedimus takesimensis

 

タケシマキリンソウ

 

 

最新技術トレンドでは、2022年8月2日 特許7116519号 発明名称 緑化トレー 株式会社三稲ガーデンが「耐根シート不要の緑化トレー」を特許取得。

着脱式の耐根透水ユニットをトレーに差し込む事で排水しながら排水口よりの根の進出を防止できる緑化トレーが開発されている。同特許ではコクマササの根に対する1年耐根試験に合格。実用性上耐根シートと同等の耐根性能を示している。また、設置後のユニット交換や屋上防水層の点検が容易でビルメンテナンスのコストダウンに貢献できる。

このような最新トレーを使用すると、屋上緑化のコスト問題点であった耐根シートを使用コストアップと防水層の定期点検できないデメリットを改善しコストも下がる。耐根シートの性能試験である1年クマササ試験で良好な結果からも今後キリンソウを使った緑化施工のハードルが下がる事が期待される。

 

In the latest technology trend, on August 2, 2022 Patent No. 7116519 Invention name Greening Tray Mitsuna Garden Co., Ltd. obtained a patent for a “greening tray that does not require a root-resistant sheet”.

 

A greening tray has been developed in which a detachable root permeation resistant unit is inserted into the tray to prevent roots from advancing through the drainage port while draining water. The patent passed a one-year root endurance test for the roots of Kokumasasa(Sasaella kogasensis var. gracillima). In terms of practicality, it exhibits the same root resistance performance as the root-resistant sheet. In addition, it is easy to replace the unit after installation and inspect the roof waterproof layer, which contributes to the cost reduction of building maintenance.

 

The use of such a new tray improves the cost problems of rooftop greening, such as the increased cost of using root-resistant sheets and the inability to regularly inspect the waterproof layer, and reduces costs.

 

It is expected that the hurdles for greening construction using giraffe will be lowered in the future from the good results in the one-year kumasasa (Sasaella kogasensis var. gracillima)test, which is a performance test of the root-resistant sheet.

 

次回は

四季彩1 早春の生長 を紹介します。

next time

Shikisai 1  early spring growth

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp.

 

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。