メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

237 四季彩14 四季彩14とタケシマキリンソウの木質部の違い

237

四季彩14とタケシマキリンソウの木質部の違い

The difference between the woody parts of Shikisai 14 and  Phedimus Takeshima

 

四季彩14の木質化部  Wooden part of Shikisai 14              

木質部の範囲は株元付近とも木質枝に見られる。枝は太く全て木質化しそうに見えるがほとんど木質化しない

木質化枝は株の極付近に集中するが、秋に木質枝を挿し木すると成長する確率が有る。

木質部の生存と枯損は根から放出されるホルモンの影響を受けていると判断できる。

The woody part can be seen in the woody branches near the base of the plant. The branches are thick and all appear to be woody, but they are hardly woody. The woody branches are concentrated near the poles of the plant, but if you take cuttings from the woody branches in the fall, there is a chance that they will grow. It can be concluded that the survival and withering of the woody part is influenced by hormones released from the roots.

 

四季彩14の木質化部

 

12月 生長茎の葉に耐寒性はタケシマキリンソウと同等である。

生長茎の株部元より10cm程度まで新芽(冬至芽)が確認できるが、

距離が遠くなるほど茎の枯れの影響を受けて枯死する。

The cold resistance of the leaves of the growing stems in February is the same as that of Phedimus Takeshima. New shoots (winter buds) can be seen up to about 10 cm from the base of the growing stem, but The further the distance, the more the stems will wither and die.

 

12月 生長茎の葉に耐寒性はタケシマキリンソウと同等
冬至芽を観察すると全斑と外斑の枝が確認できる。

If you observe the winter buds, you can see branches with whole spots and branches with external spots.

 

 

冬至芽を観察すると全斑と外斑の枝が確認できる

 

 

四季彩14の挿し芽活着率はタケシマキリンソウに比べ低率である。

特に太枝の活着率は極端に落ちる。

これは、茎からの発根率が低い事を示している。

挿し芽は、枝先端の茎が緑色している成長旺盛な部位を使う必要がある。

The rooting rate of cuttings of Shikisai 14 is lower than that of Phedimus Takeshima. In particular, the survival rate of thick branches is extremely low. This indicates that the rooting rate from the stem is low. For cuttings, it is necessary to use vigorously growing parts with green stems at the tips of branches.

 

 

 

 

四季彩14の挿し芽活着率はタケシマキリンソウに比べ低率

 

<参考資料:3>

タケシマキリンソウの木質化部は茎部にも及ぶ

<Reference materials: 4> The stems of Phedimus takesimensis shoots also become woody.

 

タケシマキリンソウの木質化部は茎部にも及ぶ
タケシマキリンソウは大中型種であり茎の木質化も大きくなる。

当年成長した茎も本部が木質化し、木質化部分が長いため株元より離れた部分からも新芽が発生する。

経年した株では、茎は当初直立するが、成長の伴い枝は支えを失い開張型に成長し、

株中央部が空いたドーナツ状の草姿を多く呈する。

この現象は、岩場等に着生しているタケシマキリンソウには見られない。岩場の自然環境では栄養分が乏しく、かつ強風等の自然現象に耐える為に茎も低く繊維も多いので茎が倒れにくいのではないかと推察される。

 

自然現象に耐える為に茎も低く繊維も多い

 

Phedimus takesimensis shoots are a large to medium-sized species, and the stems become woody.   The stems that have grown this year also become woody at the base, and because the woody part is long, new shoots will appear from parts farther away from the base of the plant. In older plants, the stems initially stand upright, but as they grow, the branches lose support and grow into an open shape. The plant often has a donut-shaped grass appearance with an open center. This phenomenon is not observed in  Phedimus takesimensis shoots that grow epiphytically on rocky areas. It is speculated that in the natural environment of rocky areas, nutrients are scarce, and in order to withstand natural phenomena such as strong winds, the stems are short and have a lot of fiber, making them difficult to fall over.

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。