メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

249 四季彩キリンソウの耐候性 蒸れ・葉やけ耐性

215

耐候性 セダム以上の性能があるのか?

Weather resistance: Does it have better performance than sedum?

 

3:四季彩キリンソウの蒸れ・葉やけ耐性 3: Resistant to stuffiness and leaf burn

四季彩6は蒸れ・葉やけは軽度に生じる程度で他の品種に比べ発生は少ないが

花序着生枝は太く地表に接触する程度倒れが発生するが枝に障害は発生せず、また成長した葉枝に障害が出るケースは少ない。しかし、土壌の性能、花序成長期に重なった枝では障害が発生しやすい。

2023年生育期間中は全国的に猛暑が発生し農作物には深刻な被害が発生(いか掲載気象庁データー参照)したが、四季彩6は生育が抑えられたが、枯損の発生は認められない。

一方、土壌層が4cm程度の薄い屋上緑化トレーに植栽した四季彩6では、花序成長期に重なった株や幼苗には深刻な生育障害がみられた。この原因は蒸れ現象とみられ、全ての植物にて成長期に極度の環境変化が重なった場合、株全体への影響が発生する事を示す。

 

During the 2023 growing season, intense heatwaves occurred nationwide, causing serious damage to agricultural crops (see Japan Meteorological Agency data below), but growth of Shikisai 6 was suppressed, but no blight was observed. On the other hand, in Shikisai 6, which was planted on rooftop greening trays with a thin soil layer of about 4 cm, serious growth problems were observed in the plants and seedlings that overlapped during the inflorescence growth stage. The cause of this appears to be the stuffiness phenomenon, which indicates that when extreme environmental changes occur in all plants during the growing season, the entire plant is affected.

 

枯損原因

1 過酷な環境変化を受けた場合

2 土壌の保湿力が高い

3 花序成長期に重なった枝

 

写真:地植えした四季彩6の環境変化

Environmental changes of Shikisai 6 planted in the ground

2023年4月2日  April 2, 2023

 

 

 

2023年4月2日

2023年11月16日 November 16, 2023

 

2023年11月16日
<参考資料:8> <Reference materials: 8>

岡山県:2023年7月~8月酷暑期の気温・日照・降水量 

 

Okayama Prefecture: Temperature, sunshine, and precipitation during the extremely hot period from July to August 2023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山県:2023年7月~8月酷暑期の気温・日照・降水量 

キリンソウは耐候性が強い植物なので、ひでりのみでは下葉が落ちる程度で枯損等の障害は発生しない植物と言われてきたが、昨今の高温・日照現象が続く日々の中で降雨と高温・日照がセットで訪れると、急激に土壌中の水分が高温になり、付近の抵抗性の下がった植物部位に障害が出る=蒸れ現象と呼ばれている。

また、酷暑での環境下では、病害に羅病した株は急激に症状を悪化させ衰退に向かう。

ほふく性や開張型キリンソウに発生しやすい酷暑期の障害は正常

 

株の場合、部分的に枯損するのみで、株が消滅する事はなく、復活するのでキリンソウでは大きな欠点にはみなされなかったが2023年の夏は株枯れ現象が認められた。

Kirinsou(Phedimus) is a plant with high weather resistance, so it was said that drought alone would cause only the lower leaves to fall and not cause damage such as withering. In these days of high temperatures and sunshine, When rainfall, high temperatures, and sunshine come together, the water content in the soil suddenly rises to high temperatures, causing damage to nearby plant parts that have reduced resistance. =It is called withering phenomenon by high temperature steam, The wilting phenomenon caused by high-temperature steam is a disorder during the extremely hot season that tends to occur in crouching and spreading-type kirinsou(Phedimus) .

 

In most cases, it was only partially withered, the stock did not disappear, and it revived, so it was not regarded as a major drawback for Kirinsou(Phedimus), but a phenomenon was observed in the summer of 2023.

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。