メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

216 四季彩6 茎の構造  Stem structure

216

耐候性 セダム以上の性能があるのか?

Weather resistance: Does it have better performance than sedum?

 

4:茎の構造 4: Stem structure

キリンソウを導入する理由は、屋上緑化の主流品種のツルマンネングサ、タイトゴメ、メキシコマンネングサなどを使用したセダム緑化で起きる乾燥枯損、高温枯損、蒸れ枯損を回避するために導入されます。

ではキリンソウはセダムに比べてどの程度これらの高温期に生じる耐候性に強いのでしょうか?

まず、乾燥耐性(ひでり耐性)について解説します

セダムもキリンソウも乾燥耐性には自身の代謝機構としてCAM代謝という昼間に気孔を閉じて水分の蒸発を防ぐ代謝機構を持っています。

The reason why kirinsou( Phedimus) is introduced is to avoid drought, high temperature, and dampness that occur in sedum planting using the mainstream varieties of rooftop greening, such as Tsuru Manengusa(Sedum sarmentosum), Taitogome(Sedum oryzifolium), and Mexican Mannengusa

Sedum mexicanum). So how well does Phedimus  grow compared to sedum in the weather resistance that occurs during these high temperatures? First, let’s talk about drought tolerance. Both sedum and kirinsou(Phedimus)  have their own metabolic mechanism for drought tolerance, CAM metabolism, which closes stomata during the day and prevents evaporation of water.

 

茎の構造も重要です

セダムは草類と同じ1~2mmの表皮が薄く維管束太さもはっきりとした姿に無く基本組織に維管束形成層が確認されリング状に維管束が点在する状態である

キリンソウは、草類でも茎は2~6mmに達する茎で、基本組織と維管束形成層がはっきり識別され維管束も太くなり地下部と地上部の維持に強い、特に地際の茎の木質化は全ての種で生じこの部分の環境変化に対応できる構造が耐候性の違いに影響している

The structure of the stem is also important Sedum has a stem diameter of 1 to 2 mm, which is the same as that of grasses. It has a thin epidermis and no clear vascular bundle thickness. Kirinsou(Phedimus) has a stem that reaches 2 to 6 mm even among grasses, and the basic tissue and the vascular cambium are clearly distinguished, and the vascular bundle is thickened, and it is strong in maintaining the underground and above-ground parts, especially the lignification of the stem at the ground level. occurs in all species, and the structure that can respond to environmental changes in this part affects the difference in weather resistance.

 

セダム:メキシコマンネングサ維管束写真

2023年8月11日

基本組織に維管束形成層が確認されリング状に維管束が点在する

Sedum: Mexican Mannengusa(Sedum mexicanum) vascular bundle photo

August 11, 2023

Vascular cambium is confirmed in the basic tissue, and vascular bundles are scattered in a ring shape.

 

セダム:メキシコマンネングサ維管束写真

 

タケシマキリンソウ維管束写真

2023年8月11日

基本組織と維管束形成層がはっきり識別され維管束も太い

Phedimus takesimensis  vascular bundle photo

August 11, 2023

The basic tissue and the vascular cambium are clearly distinguished, and the vascular bundle is also thick.

 

タケシマキリンソウ維管束写真

 

タケシマキリンソウ維管束写真

 

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。