メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

206 四季彩6 タケシマキリンソウの木質部の違い

206

四季彩6とタケシマキリンソウの木質部の違い

The difference between the woody parts of Shikisai 6 and Phedimus Takeshima
四季彩6の木質化部  Wooden part of Shikisai 6              

木質部の範囲は株元付近とも木質枝に見られる。枝は太く全て木質化しそうに見えるが半数しか木質化しない

木質化枝ではタケシマキリンソウの新芽発生率より若干少ない新芽発生となる。
発生新芽は他の品種に比べ大型のため緑被率はあまり変わらない。

The woody part can be seen in the woody branches near the base of the plant. The branches are thick and all new

appear to be woody, but only half of them are woody. The incidence of appear to be woody, but only half of them

are woody. The incidence of shoots on woody branches is slightly lower than that of  Phedimus Takeshima shoots.

Since the sprouts are larger than those of other varieties, the green coverage does not change much.

 

四季彩6の木質化部

四季彩6の木質化部

四季彩6の発生新芽は他の品種に比べ大型である。タケシマキリンソウの2月の冬至芽(新芽)は平均的2cm

草丈3~4cmに対し四季彩6は冬至芽(新芽)は平均的に幅3cm  草丈5~9cmの1.5倍程度に達する。

このため、春の成長期には林状に林立した草姿になる。

New shoots are larger than other varieties. Winter solstice buds (new shoots) of Phedimus Takeshima shoots in

February are on average 2cm wide and 3-4cm tall. The winter buds (new shoots) of Shikisai 6 reach an average

width of 3 cm and 1.5 times the plant height of 5 to 9 cm. For this reason, during the spring growing season, the

grass appears like a forest.

 

2月 四季彩6 草枝幅:3cm

February Shikisai 6 Grass branch width: 3cm

2月 四季彩6 草枝幅:3cm

タケシマキリンソウ 草枝幅:2cm

Takeshima Kirinso Grass branch width: 2cm

 

タケシマキリンソウ 草枝幅:2cm

 

2月 February

四季彩6 草丈:9cm

Shikisai 6 Plant height: 9cm

 

四季彩6 草丈:9cm

 

タケシマキリンソウ 草丈:3cm

Takeshima Kirinso Plant height: 3cm

 

タケシマキリンソウ 草丈:3cm

 

3月下旬 Late March

四季彩6 株幅:25cm程度

Shikisai 6 Plant width: Approximately 25cm

 

四季彩6 株幅:25cm程度

 

四季彩6 14cmに達する

Shikisai 6 Plant height: Up to 14cm

四季彩6 14cmに達する

<参考資料:3>

タケシマキリンソウの木質化部は茎部にも及ぶ

<Reference materials: 4> The stems of Phedimus takesimensis shoots also become woody.

 

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

 

 

四季彩6 14cmに達する

 

タケシマキリンソウは大中型種であり茎の木質化も大きくなる。

当年成長した茎も本部が木質化し、木質化部分が長いため株元より離れた部分からも新芽が発生する。

経年した株では、茎は当初直立するが、成長の伴い枝は支えを失い開張型に成長し、

株中央部が空いたドーナツ状の草姿を多く呈する。

この現象は、岩場等に着生しているタケシマキリンソウには見られない。岩場の自然環境では栄養分が乏しく、かつ強風等の自然現象に耐える為に茎も低く繊維も多いので茎が倒れにくいのではないかと推察される。

 

。岩場の自然環境では栄養分が乏しく、かつ強風等の自然現象に耐える為に茎も低く繊維も多いので茎が倒れにくい

 

shoots Phedimus takesimensis

are a large to medium-sized species, and the stems become woody.   The stems that have grown this year also become woody at the base, and because the woody part is long, new shoots will appear from parts farther away from the base of the plant. In older plants, the stems initially stand upright, but as they grow, the branches lose support and grow into an open shape. The plant often has a donut-shaped grass appearance with an open center. This phenomenon is not observed in  Phedimus takesimensis shoots that grow epiphytically on rocky areas. It is speculated that in the natural environment of rocky areas, nutrients are scarce, and in order to withstand natural phenomena such as strong winds, the stems are short and have a lot of fiber, making them difficult to fall over.

 

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。