メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

90 四季彩12 花序(花房)の成長

90

花序(花房)の成長

 

四季彩12は2タイプあり植栽後数年すると、花序(花房)は、頂芽が花芽を形成した時よりキリンソウ(Phedimus aizoon)に比べて成長し長さが倍以上に達する。タイプと一般キリンソウのように花序が大きくならないタイプが用意されている。

花序が成長するタイプは、開花後の花序はPhedimus aizoonが結実期には枯れて種子を飛散しやすくするに対し、四季彩12の花序は生育を進め葉は緑色・厚さを増す。

この結果、外観は微小葉の花序が株外周を取り囲み、内側に前年成長枝の葉が茂り、中央部に翌年の冬至芽が成長している。3段の葉姿の景観をする。

 

<参考資料:5>

キリンソウの花序幅は 一般に5cm程度で、開花後もその大きさはあまり変化せず結実・成熟を迎える。(写真3,4)

四季彩12(写真1,2)の成熟株では、花序は成長を続け最長10cm程度まで成長を続ける。

写真1

 

キリンソウ 写真1

 

写真2

 

キリンソウ 写真2

 

写真3 松江の花図鑑キリンソウより転載

キリンソウ 写真3

 

写真4 三河の植物観察 Flora of Mikawaキリンソウより転載

 

キリンソウ 写真4

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。