メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

209 四季彩6 成長性 growth potential

209

成長性  growth potential 

 

冬至芽は11月頃には10cm超えるまでに伸長、その状態で冬季を迎え、降雪に埋まってもほんのり紅葉する程度で枯損の発生も極めて少ない状態で春を迎える。

開花はタケシマキリンソウ中では遅い部類で6月中旬から7月に開始する。花芽が付始める頃になると花序(花房)が成長を始め 茎は開張型に変化し成長する。

開花期前になると花序枝は下葉が落葉し葉は茎の先端1/3程度の減少する、一方葉芽枝は落葉する事無く直立に成長を始める。

The winter solstice buds have grown to over 10 cm in length around November, and the winter season continues in this state, and even after being covered in snow, the leaves only turn slightly red, and spring arrives with very little loss of leaves. Flowering is one of the later species among the Phedimus takesimensis shoots, starting from mid-June to July. When flower buds begin to form, the inflorescence (inflorescence) begins to grow, and the stem changes to an open shape and grows. Before the flowering period, the lower leaves of the inflorescence branches fall off and the number of leaves decreases to about 1/3 of the tip of the stem, while the leaf buds begin to grow upright without falling.

 

1月下旬 Late January キリンソウの中では冬至芽は大きい種類に属する

 

Late January

Winter solstice buds belong to the large type of Phedimus

 

1月下旬

 

 

7月下旬 開花が始まる 太茎の花枝に咲く場合、花芽の形成から開花終了までは他のキリンソウに比べ期間が長くなる傾向にある

 

Flowering begins in late July.

When blooming on flower branches with thick stems, the period from the formation of flower buds to the end of flowering tends to be longer than that of other Phedimus.

 

 

7月下旬

 

 

9月 中型茎の花枝の場合、開花の花序は分散型が多くその枝では写真の様に開花後に花序が成長を続けて大型の手毬状の葉の集合体を形成する。

この葉の形成体のひでり等の耐候性は育苗苗程度の耐候性であり、極度のひでり等が発生する環境では枯損する場合がある。

 

September:

In the case of flowering branches with medium-sized stems, the flowering inflorescences are often dispersed, and on these branches, after flowering, the inflorescences continue to grow and form large, ball-shaped clusters of leaves, as shown in the photo. The weather resistance of this leaf formation, such as scorching, is comparable to that of a raised seedling, and it may wither in an environment where extreme scorching occurs.

 

9月

 

 

4月植栽:

緑化トレー植栽四季彩6の生育状況    April planting:Growth status of greening tray planting Shikisai 6

 

4月植栽

 

 

4月植栽

 

7月:

3か月経過後

同一クローン苗を使用している。小葉は開花後に花序が成長を続けて大型の手毬状の葉の集合体となる。

 

2023年の酷暑環境で無潅水栽培した場合の結果

1 四季彩6株は特徴である葉が大きく成長し緑化する。

2 四季彩6の特徴である小枝数での緑化でも美観に影響が無い。

3 枝間の隙間が大きい分だけ高温・光日射に起因する蒸れの発生は少ない。

4 手毬状の葉の集合体は2023年の猛暑環境では成長が鈍化している。

7月

July:

After 3 months The same cloned seedlings are used. After flowering, the inflorescence continues to grow and becomes a collection of large, ball-shaped leaves.

Results of cultivation without irrigation in the extremely hot environment of 2023 1. Shikisai 6 stocks are characterized by large leaves that grow and turn green. 2. Greening with the number of twigs, which is a feature of Shikisai 6, does not affect the aesthetic appearance. 3. The larger the gaps between branches, the less stuffiness caused by high temperatures and sunlight. 4. The growth of ball-shaped leaf aggregates will slow down in the extremely hot environment of 2023.

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。