メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

180 四季彩11 花序(花房)の成長 Growth of inflorescence

花序(花房)の成長 Growth of inflorescence (inflorescence)

 

四季彩11はキリンソウ(Phedimus aizoon)同等、タケシマキリンソウに比べて小型の草姿で、開花は花序高さ3cm、幅3cm程度の小型で1花序当たりの着花数が少なく、花序が広がった状態で開花するため花密度は低くなり数量も少ない事から開花は目立たない。

開花終了後の花柄は黒褐色でタケシマキリンソウの黒色より色は薄い、また花序が広がっている事から結実は目立たない。

四季彩11の花序の結実後も花序葉は緑色を保つ。

この結果、開花後の景観は、微小葉の花序葉の中に黒褐色枯花・結実点在する景観となる。

Shikisai 11 is similar to Phedimus aizoon, and is smaller in size than Phedimus takesimensis .The inflorescences are small with a height of 3cm and a width of 3cm, and the number of flowers per inflorescence is small, and the inflorescences are spread out. The flower density is low and the number of flowers is small, so the flowering is not noticeable. After flowering, the flower stalks are blackish brown, paler than the black color of Phedimus takesimensis , and because the inflorescences are spreading, fruit set is not noticeable. The inflorescence leaves of Shikisai 11 remain green even after fruiting. As a result, the landscape after flowering becomes a landscape in which the microleaf inflorescence leaves are dotted with dark brown dead flowers and fruit set.

 

7月13日

 

 

7月下旬

 

 

8月中旬

 

10月初旬

 

11月中旬

 

<参考資料:5>

 

キリンソウPhedimus aizoonの花序幅は一般に5cm程度で、開花後もその大きさはあまり変化せず結実・成熟を迎える。(写真1,2,3)

写真1 松江の花図鑑キリンソウ(麒麟草・黄輪草)より転載

 

 

写真2 三河の植物観察 Flora of Mikawaキリンソウ 黄輪草より転載

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。