メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

174 四季彩11 タケシマキリンソウの姿を比較

174

四季彩11とタケシマキリンソウの草姿を比較 

Comparing the grass appearance of Shikisai 11 and Phedimus takesimensis

 

 

四季彩11は 成長早い草姿が整った明黄緑色(ほのかなやさしいシャルトルーズ色)の中小型型種 です。

植栽後、春~夏は整った草姿、夏~冬は開張型に草姿を変えるが、明黄緑色(ほのかなやさしいシャルトルーズ色)は季節により緑色に紅葉に変化する。成長の伴い越冬枝は下葉を落葉させる。

冬至芽の発生数が多く、6月では枝数が100本/株に達する。

四季彩11は株元の茎は、タケシマキリンソウに比べ木質部よりの新芽(冬至芽)は多く発生する。

降雪期では明緑黄色の基調色に紅の外斑が入り景観を引き立てる。

Shikisai 11 is a medium-sized and small-sized species with a light yellow-green color (a faint gentle chartreuse color) that grows quickly and has a regular appearance. After planting, the grass changes shape from spring to summer to a tidy form, and from summer to winter to an open form, but the bright yellow-green color (a gentle chartreuse color) changes to green and autumn leaves depending on the season. Overwintering branches shed their lower leaves as they grow. A large number of winter buds appear, and the number of branches reaches 100 per plant in June. In Shikisai 11, more new buds (winter buds) emerge from the woody part of the stem than in Phedimus takesimensis . During the snowy season, the base color is bright green-yellow with external red markings that complement the landscape.

 

四季彩11 草姿の変化

Changes in grass appearance ofShikisai 11

2月  February

 

草姿の変化 2月

 

 

6月 June

 

草姿の変化 6月

 

 

 

 

7月下旬 Late July

 

草姿の変化 7月

 

 

タケシマキリンソウの草姿変化

Changes in grass appearance of Phedimus takesimensis

7月 July

 

タケシマキリンソウの草姿変化 7月

タケシマキリンソウ 直立枝長さ30cm

30 cm erect branch of Phedimus takesimensis

タケシマキリンソウ 直立枝長さ30cm

 

 

8月 August

8月

<参考資料:2>

タケシマキリンソウの原種は 直立型で高さは平均30cm~40cmで50cmに達する場合もある。

成長年数が経過すると株元の茎は木質化して枯損せず経年する。

当年成長枝の木質化は多い。新芽は木質部や成長枝が木質化した部分より多く発生する

<Reference materials: 2> The original species of Phedimus takesimensis is an upright type with an average height

of30cm to 40cm, sometimes reaching 50cm. As the years of growth pass, the stem at the base of the plant becomes

woody and does not wither and wither over time. Many of the branches grown this year become woody. New shoots

occur more often than in the woody parts and in the parts where growing branches have become woody.

 

 

参考画像

 

参考画像

 

 

キリンソウ  直立型で高さは平均30cm~40cmで50cmに達する場合もある。

成長年数が経過しても株元の茎は木質化せず株として経年する。

Phedimus takesimensis : An upright type with an average height of 30cm to 40cm, sometimes reaching 50cm. Even

after many years of growth, the stem at the base of the plant does not become woody and continues to grow as a

plant over time.

 

 

成長年数が経過しても株元の茎は木質化せず株として経年

 

 

<Reference materials: 2>

The progenitor of Phedimus takesimensis is an upright type with an average height of 30 to 40 cm, sometimes

reaching 50 cm. With the passage of years of growth, the stem at the base of the stock becomes woody and age

s without dying. The branches grown in the current year are often woody. More sprouts than the xylem and the

part where the growing branches become lignified

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。