メニュー

キリンソウと四季の彩り日記屋上緑化システム株式会社
技術顧問 山下 律正

157 四季彩9 耐候性 根の構造 root structure

耐候性 セダム以上の性能があるのか?

Weather resistance: Does it have better performance than sedum?

 

5:根の構造

root structure

 

一つには地下部分の根の構造にあります。

セダムは細根で構成された柔らかい根系で構成されています、一方キリンソウは木質系の固い外皮を持った径の大きい根を中心に細根で構成され地際の茎部は木質化した茎と根の連続体になって耐性が高いといえます。

キリンソウ種でも地際の茎径が大きくなるに従い耐候性が高くなる傾向にある。

One is in the root structure of the underground part. Sedum is composed of a soft root system composed of fine roots, while Phedimus  is composed of fine roots centered on a large diameter root with a hard woody outer skin, and the stem at the ground is woody stem and roots. It can be said that it becomes a continuum and has high resistance.  Phedimus species also tend to have higher weather resistance as the stem diameter at the ground level increases.

鉢植タケシマキリンソウの根部 Roots of Potted Phedimus takesimensis

 

鉢植タケシマキリンソウの根部

 

 

野生タケシマキリンソウ 根部 Wild Phedimus takesimensis root

 

野生タケシマキリンソウ 根部

 

 

 

東京都市大学 総合研究所 客員研究員 山下律正

問合せ先:yukistr@oboe.ocn.ne.jp

 

 

contact address

Ritsumasa Yamashita

Visiting Researcher, General Research Institute,

Tokyo City University

Contact: Please contact yukistr@oboe.ocn.ne.jp

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


お問合せ・カタログ請求

<納入にあたってのお知らせ>

※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。

※ 苗の販売は行っておりません。

※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。