メニュー

「見切り」の解説

見切りとは、建築用語で床や壁などの「異なる材料の間にできる隙間」を埋める建材や切れ目の部分を指す言葉です。たとえば、天井や壁の「仕上げ面」、壁と腰板の間で「材質の異なる箇所」や「見た目にギャップが生じる箇所」の差を埋めるために見切り素材が使われます。

見切りがよく使われる部分
天井仕上げ面
壁仕上げ面
壁の腰板部分
上部のクロス部分

見切りの設置例
洗面所がクッションフロアになっており、廊下がフローリングになっている家では境目に「見切り」として「金属製のレール」をはめ込む

見切りを設置する目的
見切りを設置すると、床や壁、天井などの「外観」が美しく整います。またバリアフリー住宅などでは、見切りで段差を埋めることによって居住者の転倒を防いだり、車いすでもスムーズに移動したりできる効果も期待できます。

見切りの素材
見切りに使われる建材には、さまざまな材質のものがあります。
たとえば屋内に設置する場合、周囲の素材になじみやすい木目調のものや、居住者がぶつかってもけがをしにくい柔らかいポリ塩化ビニルなどの素材が適しやすいでしょう。屋外で利用する際には、アルミ素材や金属製の丈夫な見切り建材がおすすめです。

建物を建築する際、見切りを上手に仕上げられれば部屋内や外観のイメージが格段に変わります。床や壁の素材だけではなく見切り素材についても部屋の雰囲気にマッチしたものを選択しましょう。

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


 
会社名
部署名
お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容
その他のお問合せ
具体的な物件の有無
<納入にあたってのお知らせ>
※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。
※ 苗の販売は行っておりません。
※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。