メニュー

「リサイクル培土」の解説

リサイクル培土(りさいくるばいど)とは、生ゴミなどの資源をリサイクルして作られた植物栽培用の土を意味します。

一般的に「培土(ばいど)」という場合、以下の2つの意味があります。

1.培養土
培養土とは、植物を生長させるために「基本用土」と「補助用土」を混ぜ合わせて作った土です。基本用土は植物栽培の「ベースとなる土」であり、農業や園芸などで使用される土の半分以上を占めます。赤玉土、黒土、軽石や天然砂などは基本用土に分類されます。
「補助用土」とは基本用土に混ぜ合わせて土壌を改善するための土です。通気性や保水性を高めたり土を肥沃にしたりする効果があります。
腐葉土や堆肥、パーライトやピートモスなどは補助用土に分類されます。

培養土は上記の「基本用土」と「補助用土」をバランスよく混ぜ合わせて植物の植裁に適した状態に整えた土を意味します。特定の植物を育てるために培養土が作られます。
「培土」という場合、上記の「培養土」を意味するケースが多数です。

2.土寄せ作業
「培土」という場合、作物栽培の際に「作物の株際に土を寄せる作業」を表すことがよくあります。
植物の根本に土を寄せて固めることによって倒れるのを防いだり、土を盛ることで茎の基部から根を発生させ植物の生長を促したりする効果があります。
こうした土寄せ作業も「培土」とよびす。

リサイクル培土とは
「リサイクル培土」という場合、生ゴミなどの資源をリサイクルして作った培土(植物栽培用の土)を意味します。まずは家庭用の生ゴミを堆肥化できる専用装置などを使ってリサイクル土を作ります。
そして基本用土に出来上がったリサイクル土を混入し、自作の培土を作って畑などに利用します。

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


 
会社名
部署名
お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容
その他のお問合せ
具体的な物件の有無
<納入にあたってのお知らせ>
※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。
※ 苗の販売は行っておりません。
※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。