メニュー

「ランドスケープ」の解説

ランドスケープとは、「景観」や「風景」「眺望」を意味する言葉です。狭義では「眺め(眺望)」や「土地の広がり」をさし、広義では「自然」と「人間」のかかわりを広く含む言葉です。
あるエリアにおける資源や歴史などの要素によって構築される政治的、経済的、社会的なシンボルや作り出される空間、さらには都市や地域そのもの、地域環境をもランドスケープというケースもあります。

近年の日本では、全国で「ランドスケープ」の保全のため以下のような「都市景観行政」の取り組みが推進されています。
・緑や水辺などの「自然環境」を保護
・歴史的な町並みなどの保全
・公園・緑地などの公共空間を整備
・建築物のデザインを規制あるいは誘導
上記のような景観保護の観点から、「市街地景観条例」「町並み保存条例」の各種条例、「緑やデザインの規制要綱」なども策定されています。

「景観法」によって景観を保護しようとしていることからも、風景や景観維持などの「ランドスケープ」が大きな社会的関心事となっているといえるでしょう。

ランドスケープデザインについて
最近では世界的に「ランドスケープデザイン」に対する関心が高まっています。ランドスケープデザインとは、自然と文化、技術を組み合わせて高い景観性を実現することです。建築、土木、土壌、測量、造園、植物学、職人のスキルなどを組み合わせて良質な景観を実現します。身近な例でいうと、建物を建築する際に屋上緑化や壁面緑化を施すのもランドスケープデザインに資するといえるでしょう。

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


 
会社名
部署名
お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容
その他のお問合せ
具体的な物件の有無
<納入にあたってのお知らせ>
※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。
※ 苗の販売は行っておりません。
※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。