メニュー

屋上緑化の効果

改正工場立地法が施行(平成16年3月)され、屋上緑化についても工場立地法の緑地として認められています。
敷地内の地上緑化を屋上に移行することにより、増設スペースの確保が可能となりました。
屋上緑化をすると環境にやさしいだけでなく、さまざまなメリットがあります。

1省エネ効果

工場の折板屋根は断熱性能が小さく、夏季の屋根の温度が70℃近くになるため、冷房負荷が大きくなります。屋上緑化により、屋根からの熱負荷が大幅に低減され、空調機冷房運転の省エネ化を実現します。冬も屋上緑化が外断熱となり、保温効果を発揮して予熱負荷が下がります。

温度測定・省エネ効果実例データ

2ヒートアイランドの防止効果

工場の折板屋根は断熱性能が小さく、夏季の屋根の温度が70℃近くになるため、冷房負荷が大きくなります。屋上緑化により、屋根からの熱負荷が大幅に低減され、空調機冷房運転の省エネ化を実現します。冬も屋上緑化が外断熱となり、保温効果を発揮して予熱負荷が下がります。

3建築物の保護効果

酸性雨、紫外線による防水層の劣化、温度変化による劣化を防止します。軽量土壌を使用すれば、建物への負担を軽減することができます。

4二酸化炭素(CO2)の削減効果

植物は光合成を行うことで二酸化炭素を吸収し、固定することができます。また、1の省エネによる二酸化炭素削減効果もあります。

5雨水流出の緩和効果

雨水流出を遅延・緩和し、都市型水害の防止に貢献できます。

お問合せ・カタログ請求

※は必須項目です。


 
会社名
部署名
お名前
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容
その他のお問合せ
具体的な物件の有無
<納入にあたってのお知らせ>
※ 納入地域・納入数量等により、お断りする場合があります。
※ 苗の販売は行っておりません。
※ 原則として個人住宅への納入はご遠慮させていただいております。