建物のオーナー・管理者様 CSR担当者の方へ

屋上緑化の効果やメリット

屋上緑化が条例対策としての場合、定められた要件を満たせば緑地面積に算入可能です。
建築用途、施工時期、都道府県によって緑地面積算入の割合や条件は異なっています。
緑地面積算入という側面だけでなく、屋上緑化には多くの効果やメリットがあります。主に節電対策、省エネルギー効果、地球温暖化及びヒートアイランド現象対策、建物の劣化防止及び保護、景観向上、都市洪水の抑制などが挙げられます。
お気軽にご相談下さい

商業施設オーナー様

土地と建物の有効活用に。多くの自治体で屋上緑化面積と敷地緑化面積の相互振り替えが可能です。
また建物の劣化防止及び保護、景観向上、都市洪水の抑制などメリットが多くあります。

工場立地法で緑化面積が不足している企業様

平成16年度3月より、屋上・壁面緑化面積を緑地として、緑地面積の25%まで参入することが可能となりました。

自治体の条例で屋上緑化を導入する必要がある建築主様

簡単施工・低価格・省メンテナンスの屋上緑化システム株式会社トレー式屋上緑化システムで、屋上緑化の導入・維持コストを大幅に低減できます。

ISO取得企業様、省エネ法1種、2種該当企業様

簡単施工・低価格・省メンテナンスの屋上緑化システム株式会社トレー式屋上緑化システムで、省エネを実現し、CO2を削減いたします。

お役立ち資料ダウンロード

お問合せ・カタログ請求

ページの先頭へ戻る