お役立ちコンテンツ

緑化に関するFAQ

商品について

メキシコマンネングサについて
メキシコマンネングサは、耐暑性、耐乾燥性、耐寒性等の屋上緑化に求められる環境耐性に優れ、繁茂力も非常に旺盛な植物です。人為的な水遣りの必要もありません。年に1度花が咲く4~5月に花摘みをすることで、健全に生長します。
タケシマキリンソウ(常緑)について
ブルージー・プロのタケシマキリンソウ(常緑)は、1919年東京大学の中井教授により、その存在が確認されたタケシマキリンソウを採用しています。
タケシマキリンソウ(常緑)は、高低温・乾燥・多湿等の厳しい環境にも耐える屋上緑化に最適な植物です。特に寒さには強く霜の厳しい地域でも生育が可能です。

ブルージー・プロのタケシマキリンソウ(常緑)

寒冷地にも適した植栽はありますか?
タケシマキリンソウ(常緑)は耐寒性・耐暑性にすぐれた植物ですので、寒冷地での屋上緑化にもお勧めできます。
実際の設置例を見ることはできますか?
現在、神戸にモデル物件がございますので、見学を希望される方はご連絡下さい。モデル物件は東京都と愛知県にも設置予定です。
植物はどのくらいもちますか?
2004年より屋上緑化商品を納入しておりますが、順調に生育しております。
日当たりの悪い屋上でも大丈夫ですか?
半日陰などでも生育可能な植物を選べば可能ですが、日照の多さにもよりますので詳しくはお問い合わせ下さい。
価格はどれくらいですか?
灌水設備の必要のないトレー式屋上緑化システムですと、材工共で設計価格15,000円~です。屋根の種類・植栽の種類によって価格は異なります。
商品だけを購入することはできますか?
納入後のメンテナンスも責任を持ってさせていただく為、材工共の販売のみ行っております。

施工について

どのような種類の屋根に対応できますか?
陸屋根・各種金属屋根(ハゼタイプ折板屋根・瓦棒・ガルバリウム葺屋根等)に対応できます。また、アスファルト露出防水やシート防水等、陸屋根各種防水にも対応しておりますので、詳しくはご相談下さい。
高層ビルの上層階の設置は可能ですか?
押え金物でトレーを固定することにより、上層階への設置も可能です。
灌水設備は必ず必要ですか?
乾燥に強いタケシマキリンソウ(常緑)やメキシコマンネングサを使った「てまいらず」「みずいらず」は灌水設備は必要なく、設置コストやランニングコストを抑えることができます。
屋根の補修などをしたい場合、一時的な撤去は可能ですか?
「てまいらず」「みずいらず」等のトレー式屋上緑化システムですと、簡単に一時撤去でき、また補修後の再設置も時間がかかりません。
どの地域まで対応していますか?
近畿・東海・東京を中心に対応しております。詳細についてはお問合わせ下さい。
個人宅へ設置してもらえますか?
申し訳ございませんが、個人様宅への設置は現在サポートしておりません。
屋上緑化を設置することで、建物へのメリットはありますか?
酸性雨・紫外線による防水層の劣化、温度変化による劣化を防止することができます。

省エネについて

省エネ効果はどのくらいですか?
省エネ効果実例ページをご覧ください。
建物内の温度への貢献の具体的数値はありますか?
省エネ効果実例ページをご覧ください。
屋上緑化にCO2削減効果はありますか?
植物は二酸化炭素を吸収し固定する機能があります。また、屋上緑化によって建物の屋根温度は大幅に下がりますので、冷房機器の電気使用量が低減し、CO2排出量を削減することができます。
セダムは蒸散効果がないと言われていますが、
芝生と比べるとどれほどの違いがあるのですか?
セダムは、サボテンなどの多肉植物と同じで特殊な光合成を行います。土壌が湿潤の状態では、一般的な光合成を行いますが、乾燥が進むと昼間は気孔を閉じ、夜に開いてCO2を取り入れリンゴ酸にして保存し、昼間の光合成に使います。この昼間に気孔を閉じるCAM型光合成により、セダムは蒸散効果が薄いとの見方があります。しかしセダムは晩に気孔を開き、高温であれば水分を蒸散させますので、熱帯夜の対策となります。また、他の植物に必要な灌水の電力量を考慮すると、セダムの温度効果が薄いとは一概には言えないのではないでしょうか。

メンテナンスについて

メンテナンス費用はどれくらいかかりますか?
設置後1年間は無料メンテナンスで、年数回の定期巡回で除草・花刈り・ドレン清掃等を行っております。2年目以降は有償にてメンテナンスを承っております。費用は面積にもよりますので、お問合せ下さい。
植物が枯れた場合、補償はありますか?
設置後1年間の枯保証付で、期間内に枯死が生じた場合は1回に限り植栽最適期に補植致します。(天災地変及び鳥害・害虫等の不可抗力、植栽管理上の故意または過失に起因して生じた枯死に関しましては保証できません)

法律・条例等について

工場立地法でいう「緑地面積」に屋上緑化は算入されますか?
製造業・電気ガス・熱供給業(水力・地熱発電所を除く)で、敷地面積が9,000㎡以上又は、建築面積3,000㎡以上の工場では、必要な緑地面積が決められています。2004年3月より、一部規制の緩和策が実施され、屋上・壁面緑化面積を緑地として算入することが可能となりました。

お役立ち資料ダウンロード

お問合せ・カタログ請求

ページの先頭へ戻る